DDR3 PC3-10600

現在、メインで使用しているPC(VAIO Fタイプ クリエイティブエディション オーナーメードkuwaちゃんモデル)のメモリは、購入時2G+2Gの4Gだった。
このPCは画像処理に使っているけど、4Gあればフリーズする事はないのだが、メモリは多ければ多いほど良い。
で、購入後すぐに4Gのメモリを購入し、2G+4Gにし6Gで使っていたのだが、ほんの2ヶ月で表題のDDR3 PC3-10600 4Gの価格も、かなり下がりもう1枚購入。
6Gのメモリでも十分だったのだが、4G+4Gの8Gにした。
更に快適になった。
CPUは、intel CORE i7-740QM 1.73Gを入れていたので、中判デジタルカメラを買わない限り、しばらく使えるかな。
仮にD3X買っても、このPCで十分処理できるだろう。

購入したのは、毎度おなじみの上海問屋。
★DDR3 PC3-10600 4G★が安い。現在、¥6,999也。
DDR3メモリを入れておられる方には、増設をお勧めする。

| | Comments (2)

VAIO Fシリーズ クリエイティブエディション

数年振りにPCの買い替え。

購入したのは、VAIO Fシリーズ クリエイティブエディション (VAIOオーナーメードモデル)
このノートPC、ノートなのにAdobe RGBカバー率100%のモニターを装備している。
以前からAシリーズには、Adobeモニター装備のフォトエディションってのがあったが、30万円くらいしてたので、購入を躊躇していた。

Fシリーズに待望のAdobeモニターを装備したモデルが登場し、価格も手頃になった。

Pic_main

VAIOオーナーメードモデルで、\129,800~
店頭販売モデルで、\254,800~

私の場合、OSをWin 7 Home Premium 。
CPUを、4コアのCore i7-740QM。
ストレージは、HDD 500GB(7,200回転)。
(SSDの512GBが欲しかったが・・・)
ドライブはブルーレイを必要としないので、DVDスーパーマルチ。
地デジチューナーX2(長時間録画対応)。
メモリーは最低価格の4G(キャンペーン中なので、2Gと価格は同じ)。
(これは後で8Gにアップする予定)
これらに3年ワイド保障(落下破損、水濡れでもOK)(ワイド保障クーポンを持っていたので無料)を付けてオーダーした。
商品の完成は、8月末になるようだ。

これで¥176,800になるが、手持ちの割引クーポンやらソニーポイントを使って14万円台で購入できた。

このブログにアップしてる写真は、元画像のAdobe RGBをsRGBに変換してアップしているが、今後どうしよう・・・
自分が見ているAbode RGBの画像と、多くの人が見ているsRGBじゃ違うからなぁ・・・

おわり。。。

Sony Style(ソニースタイル)

| | Comments (0)

Tamron AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC

注文していた ★Tamron AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC★ が届いていたので、早速試写してみた。
100720_01 100720_02 100720_03
10数年ぶりに購入したTamronのレンズ。
同じ用途のレンズにNikonの AF Zoom Nikkor ED 28-200mm F3.5-5.6G(IF)を持っているが、鳥を撮るには200mmでは少し短かい事が多い。
サギなんかだと200mmで事足りるが、小鳥となるとやはりテレ側300mmは欲しくなるし、逆にスナップだとワイド側28mmは欲しいところ。
Nikonに、このレンジのズームレンズは無い・・・
本格的に鳥を撮る時は、300mm F2.8、400mm F2.8、500mm F4、600mm F4のどれかが出動するのだが、普段こんなレンズを持ち歩く訳にも行かず、スナップから鳥撮りまでこなせる万能レンズを探していた。
鳥撮り用のお手軽レンズならNikonのAF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDも良いのだが、これだとワイド側が70mmなのでスナップは撮れない。

★Tamron AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC★
ニコンで言うところのAF-S VRレンズと同じで、モーター内臓の手ブレ補正付きレンズである。
200mmの手持ちでは手振れ補正なんて要らないが、手持ち300mmだと手振れ補正が欲しい。
1本で全てをこなせるレンズが希望だったのだ。

で、隣街のスナップを撮ってみた。
まぁ、よく写ってるんじゃないの?
2/3枚目は300mmで撮ってみたが、タムロンのVCはよく出来てる感じがする。
ニコンのVRより、手ブレ補正の効きは良いんじゃないかと思うくらい。
ただ、AFからのMF割り込みに関しては、ニコン純正レンズの方が遥かに良い。
タムロンのこのレンズは、AF時のMFでピントリングにトルクあり過ぎ。
純正のAF-Sレンズに慣れた私には、ものすごく違和感があった。

100720_04 100720_05 100720_06
風景も撮ってみました。
しかしこのレンズ、Finepix S5 Proの測光と相性悪いのか、露出補正なしだと露出オーバー気味に写る。
特にハイライト部は、白飛び連発。(^^;
マイナス1EV補正で、丁度良いくらい。
今度、D200を使ってもう一度試し撮りしてみます。

3枚目、神社に洞もある如何にもって感じの木があったが、アオバズクさんは居なかった。
このレンズで鳥も撮っておかなくてはね。

以上で、Tamron AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di VCのテスト撮影終了です。
Finepix S5 Proで撮ってますが、スナップ、風景しか撮ってないので、普段鳥撮りで使う事の少ないフィルムシミュレーションF2で撮影、現像はF4 Velvia。

値段の割りに使えそうなレンズって印象。

おわり。。。。

タムロン シークレット デジカメオンライン

| | Comments (2)

激安バッテリー

もう生産終了のFinepix S5 Pro、バッテリーが少しへたってきて、1個では丸一日持たなくなってきてる。
MB-D200を付けてるので、単三型のエネループも使えるが、純正の予備バッテリー(NP-150)が欲しい。
ニコン純正バッテリー(EN-EL3e)の予備(ほぼ未使用)は1個あるが・・・
NP-150とEN-EL3eは同じものなのに、何故か相互乗り入れが出来ない。
チャージだけは可能。(FujiのチャージャーでEN-EL3e、NikonのチャージャーでNP-150のチャージ、共に可)
しかし、S5 Proにフル充電のEN-EL3e入れると残量ゼロが表示され、シャッターが切れない。
D200にNP-150を入れた場合も同じ。
たぶんバッテリー内部のICに手が加えられてて、使えないようにしてるんでしょうね。
純正を買うしかないのか・・・しかし、結構いい値してる。
中国製のパチ物バッテリーでは、不安があるし・・・
どこか純正バッテリーを安く売ってる店がないか検索してみた。
純正は、それなりに高い・・・
しかし純正品ではないが、日本製セルを使用した激安バッテリーを販売してる店を発見。
★ROWA・JAPN★です。

●定形外送料無料●【2個セット】新品FUJIFILM FinePix S5 ProのNP-150日本セル対応バッテリーってのがありました。
これは、良さげですね。
Pansoicのセルを使用しています。
しかも2個で\4,683とは、安いですね。
純正だと、この倍近くだしても、1個しか買えません。(^^;
他にも、Sanyoのセルを使用した物もありました。

●定形外送料無料●【2個セット】新品FinePix S5 ProのNP-150(SANYOセル)対応バッテリー
こちらは、少し高く\5,523。

●定形外送料無料●【2個セット】新品FUJIFILM FinePix S5 ProのNP-150対応バッテリー
中国製セルを使用した\3,213のこんな商品もありました。
1個1600円ほどか・・・
安いけど、これは除外。
結局、持ちの良さげなSanyoのを買いました。

少し使ってみた印象ですが、持ちはへたり気味の純正品よりは遥かに良いようです。
NikonやCanon対応品も、多数あります。
勿論、1個売りもありますし、ノートPCのバッテリーなども・・・
PCの純正バッテリーって、ほんと高いんですよね。
本当はカメラのバッテリーより、電動チャリのバッテリーが欲しかったけど・・・

送料無料で、バッテリー買うなら、お勧めの店です。

| | Comments (2)

LEICA minilux

09.10.11
今日は朝から近所でノビタキ撮り。
で、何時ものようにヨンニッパで撮影していたのだが、レンズが故障。
ヨンニッパVRにはレンズ本体にもフォーカスリングの先にAFボタンが4個とフォーカスリングの後ろにAFメモリーボタンが1個あるのだが、ボタンを押しても、ウンともスンとも・・・(・_・;
ボディーのAFボタンでは通常に作動してるし、ノビタキにAFを多用する事もないので問題はないが、保証期間内に修理に出しておかねば・・・
って事で、急遽梅田のSSへ・・・
091011_01で修理に出し、時間があったのでカメラ屋巡り・・・
またまたこんなモノ、持って帰ってしましいました。(^^;
LEICA minilux
ライカのコンパクト銀塩カメラです。
発売当時は、それなりの価格だったけど、現在、中古の銀塩カメラは安いですね。
2万円チョットでした。
お買い得と言えばお買い得なのだが・・・
091011_02091011_03しかし実は、家には同じようなカメラがもう1台あったのでした。
CONTAX T2(右)
このT2は実に素晴らしく、未だに手放せないでいる。
CONTAXの一眼レフは全て処分したが・・・Zeiss信者の私としては、Carl ZeissのレンズとLEICAのレンズを比べてみたい衝動に駆られたのでした。(^^;
miniluxのSUMMARIT 40mmF2.4 VS T2のSonnar 38mmF2.8
本当によく似てるカメラを2台も・・・
レンズは、minilux 、T2 共に沈胴式(2枚目)。メインスイッチONで、出てくる。(1枚目)
操作性もほぼ互角。
絞り優先AEは、miniluxの方が使い易い。
T2は、ちっちゃな絞りリングをチマチマ回さないといけないが、miniluxはボディのメインスイッチ兼用のレバーで絞り値を設定する方式。
即座に絞りを変更できる。
露出補正に関しては、T2の方が使い勝手が良い。
T2は、ボディーにある補正ダイヤルを回す方式。
miniluxは、ボディーにあるEVボタンを長押して呼び出す方式。
もう一度押すと0.5EVづつ変化する。
銀塩写真で重要な露出補正の操作性では、T2に分がある。
minilux 、T2 共に補正値は1/2ステップ。-2EV~+2EVで同じ。
さて、肝心のレンズ描写はどうだろう?
T2は、こんなちっちゃいレンズで、何でこんな描写できるねんってくらい素晴らしい。
恐るべしTスターコーティング。
対するライカは・・・
とりあえずRVPを詰めておいたので、コスモスでも撮ってみます。
それにしても最近、カメラ屋を覗く度に何か持って帰ってきてるなぁ・・・(^^;
近寄らないに事に越した事ないのだが、銀塩カメラはビックリするくらい安くなってるからなぁ・・・

PS,
ノビタキは、撮り過ぎたのでまだ整理出来ず。
蕎麦ノビやら花ノビやら色々・・・
久し振りに16Gも使った。(プラス、フィルム2本)
明日もノビタキ撮りですが、ヨンニッパは修理に出ててないので、久し振りにゴーヨンPに登場して頂きましょう。♪♪

おわり。。。

日比谷花壇 フラワーギフト ディズニー

| | Comments (4)

AF Zoom Nikkor ED 28-200mm F3.5-5.6G

高倍率ズームレンズと言えば、一昔前のタムスパに代表されるこの28-200mm。
以前、タムロンがこのレンジのズームを発売した時に購入したが、単焦点派の私には馴染めず処分した経緯がある。
しかし現在、メイン機材の重量が増え、何本もレンズを持ち歩くのが苦痛になってきた。
なので、高倍率ズームが欲しいと思っていた。
現在ニコンで発売されているAF-S DX Nikkor 18-200mm F3.5-5.6G ED VRⅡも良さげだが、DXフォーマットのレンズではフルサイズ機には使えない。(今後も、DXフォーマット専用レンズは購入しないと思う)
FXフォーマットのAF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6Gだと、テレ側が短いし(どうにか鳥を撮る事の出来る200mmは欲しい)・・・
で、生産終了のAF Zoom Nikkor ED 28-200mm F3.5-5.6G を購入。
勿論、新品なんてありません。中古です。
今でも人気がないのか、価格もこなれてきてて、1万円台です。
そんな頻繁に使うレンズでもないし、解像度云々より軽量・コンパクト性能を重視し、私の場合、これで十分なのです。
091001_02091001_01右端のレンズが、28-200mm。
35-70mmF2.8Dや18-35mmF3.5-4.5Dと比較しても小さく軽い。(写真左)
その28-200mmを使って撮ってみた我家の広角~中望遠レンズ群。(写真右)
MFのAi-Sレンズは1本残らず処分してしまい、今はAFレンズのみ。
普段は望遠レンズ以外に、上の列の3本を持ち歩いている。
ズームは、あえてAF-S F2,8じゃない廉価版を使ってます。
大口径望遠以外にAF-Sのニッパチズームを2本も、とてもじゃないが持ち歩けないです。(^^;
なので、メインレンズの望遠以外は、軽量コンパクトの機動性重視なのです。
この28-200mmレンズでAFを使う事も少ないと思うが、できればAF-Sの方が使い勝手良いよなぁ・・・
現在廃盤中の28-200mmであるが、もう一度このレンズをAF-S化し、更にVRⅡを搭載し、リニューアル発売してくれないものだろうか・・・
出してくれたら、買い替えます。

それにしても、この28-200mmは短命に終わったレンズじゃないだろうか?
絞り環を排除した初めてのGタイプレンズだったと記憶している。
このレンズが発売された時、私はまだF4-Sをメインに使ってたので、このGタイプレンズでは使用制限が掛かる。
絞り優先オートやマニュアルでは使用出来ず、シャッター優先かプログラムオートでしか使えないので、発売当初購入を見送っていたレンズなのだ。
当時は、絞り環のないレンズなんて、ニコンのレンズじゃないとかなり不評で、不人気レンズの代表だった記憶がある。(なので数が少なく、中古でもあまり出回っていないと思う)
ニコンのレンズは、絞り環さえあればFやF2にだって最新のレンズを使えるのだ。(蟹爪を取り付ける改造が必要だが)

しばらく様子見を兼ねて、望遠とこの28-200mmmでお出掛けしてみます。

おわり。。。

デジカメオンライン

| | Comments (2)

Nikon TC-14EⅡ

09.08.29
近所の鳥の様子を一通りチェックしたところで、お買い物へ出向く。
神戸三田プレミアムアウトレットのニコンからDMが来ていたので、粗品を貰いがてら何か良い出物がないか物色しに・・・(^^ゞ
090829_11で、写真の1.4Xテレコン、TC-14EⅡを買って帰ってきた。(トートバッグは、オマケ)
セール期間中、値札の10%OFFだし、チェルシーカードで決済すると更に5%OFF。
値札は\36,000だったが、この際、買っておきましょう。(^^ゞ
AF-S VR Micro-Nikokor ED105mmF2.8G(IF)に触手が伸びかけたが、AF-S VRじゃない普通のAF105mmは持ってるし・・・
それに最近、あまりマクロレンズで撮る機会も少ないし・・・
何よりこのAF-S VRのマクロは、大きく重かったので購入を自粛しました。(^^ゞ
ビックリしたのは、ヨンニッパが65万円で売られていた。
65万の15%OFFって、\552,500じゃん。これは安い!
サンニッパと対して変らん価格やないの?
しかし、勿論私が今使っている最新のAF-S VRじゃなくて、一つ前のVRの付いてないAF-Sレンズのアウトレットです。
ヨンニッパのVRがこんな価格で売られていたら、私は暴れます。(^^ゞ
今は、VRⅡの有り難味を感じているのでヨンニッパVRを買った事に後悔はないが、今のヨンニッパ買う前にこんなの見付けたら、こっちを買ってたかもね。
090829_12家に帰って、改めてテレコンを並べてみると、ニコンFマウントのテレコンだけで9個目やん。(^^ゞ
テレコンばかりこんなにあって、どうすんねん。(^^ゞ
右の列、AiSマウント。(レンズ識別連動ピンあり)
ゴーヨンPとの相性良いので、今も使っている。
手前からTC-14B(1.4X)、TC-16A(1.6X)、TC-301S(2.0X)。
中央の列、AF-Sマウント。(AF-Sレンズ以外、取り付け不可)
手前からTC-14EⅡ(1.4X)、TC-17EⅡ(1.7X)、TC-20EⅡ(2.0X)。
ヨンニッパには、この3つを使っている。
ちなみに、前の記事(ホシゴイ)に載せてる写真は、全て17EⅡを使って撮った。
左の列は、ケンコーのPro 300シリーズ。
手前から1.4X、2.0X、3.0X。
私の場合、主にサンニッパに使用しているが、ニコン純正のテレコンと比較すると、コントラストの低下が激しい。(低コントラストで撮影する分には、差ほど気にならないが・・・)
3.0Xは、サンニッパとの相性は良く使えるが、他のレンズでは使い物にならず。
ヨンニッパに付けると、AF、VR共にアホになる。(MFなら使えない事ないが、相性は悪い)

と言う事で、テレコンが9個も・・・(~_~;)

アコースティックウェーブミュージックシステムII

| | Comments (2)

Nikon マルチコントロールバック MF-28

09.07.30
大阪へ行った次いでに、時間があったのでカメラ屋を物色
探していたMF-28の新品同様品(箱、取説、保証書全て揃っている)があった。
中古品は出会いが大事・・・(^^ゞ
店に置いてあったF5に付けて、動作確認。
問題なし。
で、即買い。¥25,200也。(^^ゞ
定価¥63,000していた品なので、新同品なら妥当な価格だろう。
090730_01090730_02






早速、F5Limitedに付けてみた。
通常のデータバック(MF-27)と違って、各種コントロール機能を備えているので、かなり出っ張っているが、私のF5はマグニアイピースDK-17Mを付けてるあるので、アイピース接眼部が丁度良い位置にくる。
F4SにもマルチコントロールバックMF-23を付けてあるが、MF-28はMF-23と違って、小さいボタンだけを使用しチマチマ押して各種設定するのではなく、ボタンとファンクションダイヤルによる設定なので、とても使い勝手が向上していた。
設定データのバックアップ用に電池を使用するが、電源供給はF5本体のバッテリーから行われるので、MF-23のように電池切れの心配もない。(MF-23では、予備の電池を持ち歩いていた)
しかし、私が使うのはコマ間に撮影データを写し込むのと、フォーカスプライオリティーを使った置きピンでの自動撮影くらいか?
フォーカスプライオリティーとは、MFを使用し任意のピント位置をセットしておくと、鳥などが飛んで来てセットしてあるピント位置に合焦した瞬間に自動的にシャッターが切れる。愛想の悪い鳥を無人撮影する場合、絶大な効果がある。
リモートコントロールによる撮影も過去行ってきたが、こちらはピントが合ってるのか確認する術がなく(広角レンズを使ったパンフォーカスは別)、歩留まりはフォーカスプライオリティーの方が良いように思う。
F5は本体にもオートブラケッティングを搭載してるが、MF-28を付けると更に細かい設定まで可能になるので、これも使うだろ・・・
またまた衝動買いだが、これは良い買い物だったと思う。(^^ゞ
あとは、フォトミックアクションファインダーDA-30を探さねば・・・
しかし、売ってるのすら見た事ない・・・
そりゃそうだろ・・・何せ、このファインダーは、定価\126,000もした代物。
ファインダーだけで、安いデジタル一眼レフ買えるやん。(^^ゞ
当時、こんなモノ買ってた変体もそうそう居ないのだろう。(^^ゞ
セミクラシックカメラになったF5ですが、システム組んでいくと結構高価なカメラですね。(^^ゞ

おわり。。。
e-onkyo music HD高品質音楽配信サイト

| | Comments (0)

何故だか銀塩カメラ(F5 50th)

オリンパス PEN EP-1が発売になった。
結構、魅力的なカメラなのだが・・・価格が微妙。(^^;
必用な物を揃えると、D300が買えてしまいます。
そう考えると、何だかなぁ~って感じ。(^^ゞ

今、メインに使ってるカメラは、のろまなS5 Pro。
高速連写機も欲しいし、フルサイズの高画素機も・・・(^^;
で、どちらかと言うと、フルサイズ機が欲しい。
しかし、簡単にD3Xって訳にもいかず・・・
それに高画素フルサイズ機を買ったとしても、まず連写なんてしないだろうし・・・
って事で、別にデジタルじゃなくても良いんじゃないの?って考えが沸々と湧き上ってきた。

そこで、候補をF6に変更。
全く買う気のなかったカメラなので(D2Hを買った時に、F6とどちらにしようか迷った経緯もあるが)、最近の価格動向を見ていない。
ゲッゲッ・・・もっと安くなってるのかと思ってたが、発売直後の価格より上がってるんじゃないの?
D700新品で買えるやん。(^^ゞ
またまた路線変更・・・
じゃ~、価格下落の激しいF5の中古で良いやと物色していると、発売当初訳の判らんプレミア価格の付いていたF5 50周年記念モデル(国内販売台数、2,000台)が、お手頃価格に落ち着いてるやん。
090705_1コレクターズアイテムのカメラなので、あまり使われていない程度の良い機体が多い。
これを買う事にしました。(^^ゞ
流石50周年記念モデル、化粧箱に入ってます。(^^ゞ
一時、30万円を越える価格が付いていて(40万円近くまで上がっていたのでは?)、こんなモン何処の馬鹿が買うねんって笑ってましたが・・・デジタルカメラ全盛の今頃買ってる馬鹿がココに居ました。(^^ゞ
コレクターが所有していたのか、ほとんど使われた形跡のない新品同様品です。
090705_2090705_3090705_4よんにっぱVRにセットして動作確認。
フラッグシップ機らしく、AFスピードも問題なし、VRⅡのTRIPODモードもしっかり作動。
まだ現役続行中のF4Sと並べて記念撮影。(^^ゞ
F5 50th ・ AF-S400mmVR F2.8G + TC-20EⅡ、F4S ・ AiS500mmF4P + TC-17EⅡ。
長さとボディーの大きさはほぼ同じ。ただ、ヨンニッパはでかく重い。(^^ゞ
しかし、よんにっぱのカーボンフードと50周年記念モデルのチタンカラーはベストマッチか。(^^ゞ   
買ったは良いけど、これから付随するモノも揃えねばなりません。
まず、フォトミックアクションファインダー(DA-30)、マルチコントロールバック(MF-28)、その他あまり必要性を感じないがパソコンリンクソフトのフォトセクレタリー(AC-1WJ)。
これらが今いくらしてるのか知らないが、システムが完全に組みあがった頃には、豪い金額になってるかも・・・(^^ゞ
しかし、この手の拘りを持ったカメラは昔から結構好きだった。
このF5 50th、旧nikonのロゴと一部グレーの色使いが、古き良き時代のNikonらしくて良い。
セミクラシックカメラと最新のAF-S VR400mmF2.8でどんな写真が撮れるのか楽しみ。
もちろんメインはデジタルですが、やはり銀塩フィルムも未だに捨てがたいものがある。
VRヨンニッパのTRIPODモード使えば、天気の悪い日にベルビアも使える事でしょう。

ちなみに、CONTAXからNikonに転向して初めて買ったのは、F3P + MD-4 + MK-1であった。
あまりのデカさと重さで、良い値が付いてるうちにすぐ売ってF4Sに買い替えたんだけど、
今じゃ~、F3Pも程度の良いの少ないでしょうね。
MFのF3だが、現在~過去において、事ファインダーに関してはF3の右に出るものは無い。
ピントの山が実に掴みやすく、一瞬にしてピタッと決まる本当に良いカメラだった。
今にして思うと、残しておけば良かったと後悔している。

何か、変な趣味に走ってるような自分がいるが・・・このF5 50thより安いD300入れた方が良かったかな。(^^ゞ
でも、未だに銀塩写真も捨てがたく、これでいいのだ。<と自分に言い聞かせている。(^^ゞ

P FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

| | Comments (2)

Nikon D5000

本日、ニコンからD5000という新機種が発表された。

オープン価格なので、高いのか安いのか楽天で価格を調べてみたが、 楽天最安値の店 D5000ボディ 税、送料込みで\76,440で出ていた。
お安いですね。(^^ゞ
今、メイン機 FUJIFILM S5 Pro とサブ機 Nikon D200の2台体勢だが、どちらも一長一短がある。
朝夕の悪条件下での撮影だと、S5はフィルムメーカーであるFUJIFILMらしい良い色が出るので気に入っているし、S6が出るまで使い続ける予定だが、真昼間のピーカンではニコンの方が良い色が出るように思う。
そして何より、連写が苦手なカメラ。(設定によっては、秒1コマなんて事も)
一般の人が野鳥撮影するには、全く不向きなカメラなのである。
一方、D200は秒5コマなので、通常の撮影では必用最低限の連写性能は備えているが、ISO400以上の高感度画像には、荒が目立ち朝夕には使えない。
という事で、昼間の撮影や飛翔写真を撮るのにお安いカメラを探していたのだが・・・
期待したD5000だが、スペックを見ると私の用途には合わないようだ。
しかし、このカメラのモニターはかなり良い。
超ローアングル撮影では、かなり重宝しそう。
野草や虫撮りには良いだろう。
私としては、ニコンの次の機種に期待。
D700をもっと高画素にしたものが希望。
FUJIのS6は、フルサイズになるのか、今のS5をベースに連写性能を上げてくるのか?だが、何れにしてもしばらく待ちかなぁ・・・
D300にも触手が伸びるが、今更って感じもしないではないし・・・(^^ゞ
デジタル一眼レフも次から次に出てくるので、購入時期に悩みますね。
まぁ、今後もニコンとフジの2本立てで行く事になるだろうが・・・

おわり。。。

| | Comments (4)

より以前の記事一覧